未分類

netis 新技術情報提供システム【活用効果調査表とは何か・登録番号の検索をする時・th-090016-v】

netisと聞いてもピンとこない人は多いでしょう。

netisは、主に建設業界、土木業界に関連した用語です。

netisと書いてネティスと読みます。

netis 新技術情報提供システムには、新技術に関する大事なデータが登録されているのです。

その登録画面は、建設業界や関係者のみがアクセスできると決まっていません。一般の方でもnetis 新技術情報提供システムが使えるのです!

法人でも個人でも関係ありません。

netis 新技術情報提供システムが必要になったらぜひ活用してみることをおすすめします。
新技術として何が登録されているのか検索できますし、新技術を活用してみて結果が良かったもの、評価の高いものも調べられます。

netis 新技術情報提供システムは国土交通省で運営しています

netis 新技術情報提供システムを管理しているのは国土交通省です。

何だか大掛かりな気がしますよね。

というのも、netis 新技術情報提供システムに掲載されている新技術を、国や地方公共団体が活用するかもしれないからです。

国や自治体にもnetis 新技術情報提供システムは関与しているということです。

新技術を検索することもできます。この登録番号の技術は、どういう技術だろう?と気になったら、ぜひnetis 新技術情報提供システムを利用しましょう!

登録番号の検索をする時はこちらから

th-090016-v

初めての方は、まずトップ画面で利用規約に同意して先に進む必要があります。
あなたの現在の職種に最も近いものを選ぶ項目があるので、こちらも回答しておきましょうね。

・設備
・電力ガス
・建設コンサルタント
・製造
・建設

法人や個人でも利用可能ですので、気兼ねなく利用できるでしょう。

活用効果調査表とは何か?

netis 新技術情報提供システムには、活用効果調査表というのがあります。

これはどんな書類かというと、その新技術の活用の有用性を調べる調査票です。

netis 新技術情報提供システムに登録されている新技術は、さまざまなシーンで応用されます。しかし、活用してみて必ずしも大きく貢献するとは限りません。期待していたほど大きな成果をあげない技術もあるかもしれないのです。

反対に、業務に多いに貢献し、良い結果に繋がる場合もあります。このように、活用後の効果について調べるのが活用効果調査票なんですね。

活用申請の仕方・ダウンロードとは

この新技術をこんなふうに使ってほしい!と、活用申告をすることができます。
その活用申請をするには、どのような手順を踏んだらいいでしょうか?下記のマニュアルで確認できますよ。

新技術活用計画書をダウンロードする時はどこから?

新技術の登録申請をしたいときも、上記にアクセスしてみてくださいね。

-未分類

Copyright© 分からない事マルっと解決するナビ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.